読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レンタカー用にスピーカーを買ってみた

買ったのは、Amazonで売れてるAnkerのポータブルスピーカーのSoundCoreです。

Bluetoothが繋がらなかったり、レンタカーでAUX端子が接触不良だったり、そもそもAUXがなかったり…

そんなんなら、自分でスピーカー持ち込んだ方が安心!ってことで、買ってみました。

 

f:id:thuda:20160320220233j:plain

あれ?Amazonのレビューに貼ってあるパッケージ画像と違うよね?

みんな黒い箱に入ってたらしいんだけど、これは青と白の箱!

 

f:id:thuda:20160320220433j:plain

Amazonの画像と違って、Ankerの文字に違和感がなかった。

音質ですが、普通にいい!

そりゃウッドコーンスピーカーやらには負けるけど、ポータブルでこれだけ出たら十分です。

音の特徴としては、他の方もレビューされてるように高音寄りで、アコースティックな曲の方が綺麗に表現されてる。

曲によっては車のスピーカーなんかより、全然良さそう!

逆に苦手なのは低音かな・・・

小さいから、そこは仕方ない。

 

追伸

車で使ってみましたが、十分な音量と音質でした。

気軽にバックに入れられるので、レンタカーまで持ち運ぶのも楽です。

あとスピーカー全体がゴムのようなマット素材で作られてるので、エアコンの後ろにおいても動かないのがいいね。

バッテリーも一日中ドライブしても持ちました。

普段、カーシェアやレンタカーでドライブに行く人なら、一つは持っておきたいアイテムですね。

 

ライザップ方式で痩せてみる

今年こそは痩せるぞってことで、ダイエット実践中のThudaです。

 

ダイエットしたいけど辛いことはしたくない。

元の体型に戻したいだけなので、元の肉体と元の食生活にもどればいいんですよね?

なら、そんなにストイックにダイエットする必要なくない?

 

もともと運動も嫌いで土日の外出でアウトドアするぐらいでしたが、太らない体質でした。それが食生活が乱れ土日に外出もしなくなり、ブクブクと太っていったわけです。

土日のアウトドアが意外と筋力を維持するのに重要だったのかもしれませんね。

そんなことを思いながらも、金銭的に以前の活発な生活には戻れなさそうなので、ジムで筋力をつけたいと思います。

 

コスパ重視のジムダイエット

意味のない運動は嫌なので、ネットでコスパのいいダイエットを色々調べながら、実践して効果があるか試していきたいと思います。

色々見て回った結果の重要そうなポイント

 

・週に1回から2回ジムに行く!

⇨回数が多すぎても筋力の回復に数日かかるので意味ない。月額の定期会員にならなくていい

 

・とりあえず無酸素運動

⇨筋力が少ない人が有酸素運動やっても、なかなか成果はでない

燃費のいいプリウスで長距離ドライブする前に、燃費の悪いランボルギーニの体を作ろう

 

・1日あたり1時間から1時間半程度

⇨ライザップでは50分と80分のコースがあるそうです。

ってことは週に2、3時間程度の運動がコスパ最高!

 

・キツイと思い始めたところから、3回は頑張る

⇨ちょっとキツくなってきた所を超えてやらないと筋肉はつかないさそうです。

終わったあとに疲労感があるくらいがいいってことかな?

 

・1セット12回程度で限界を迎える等にする

8回目あたりから辛いと思うくらいの負荷がいいということですね。これが意外と素人には難しい

 

・腹筋、背筋、太ももは筋肉が大きいので、ここを伸ばそう

⇨車で言えば、一番エネルギーを消費するエンジンみたいなものかな?

 

・夜中に糖質は控える

⇨これは基本ですね。最近流行りの糖質オフダイエットです。

三食の糖質を抑えても続かなさそうだから、せめて夜中の糖質は控えよう。

 

・一時的に体重が増えても気にしない

⇨脂肪より筋肉の方が重いので、筋トレすると体重は重くなる。

車で言えば、エンジンを大きいのに付け替えたようなものだから、初期状態では重くなるけど、それ以上に代謝がよくなるから、脂肪が減り痩せてみえてくる。

 

色々調べてみると、この辺りが重要みたいです。

基礎代謝ってよく言うけど、あれはそんなに増えるものではないみたい。

ほぼ寝ている状態で使うエネルギーのことだから、筋肉を増やしたところで、1キロの筋肉で15カロリー程度しか増えない。

確かに、家の体重計でも基礎代謝の項目は、ほぼ変化ないです。

基礎代謝は変化ないけど、筋力が増えると日常生活でのカロリー消費が増えるみたいなので、それを目標に頑張っていきたいと思います。

 

 

わーすた 売れそう


f:id:thuda:20160304215345p:plain

 

avexの新人アイドル「わーすた」が売れそうな気がする。

今までavexのアイドル部門iDOL Streetからスパガ、チキパ、GEMが出てきたけど、avexのゴリ押しの割に、ももクロ越えさえ出来てない。

どのグループもルックスはいいし、歌もダンスも上手いし、楽曲もいいんだけど、いまいちファンの心を掴むのが下手な気がする。

ファンからしたら大手なんだから上手いのは当たり前でしょ、ゴリ押しもしてもらえるんでしょみたいな感じがするんだろうな。やっぱりアイドルは初期のAKBやももクロにあった地下アイドル感がないとダメなんだろうか

ももクロなんかも、実際は有名事務所の所属にもかかわらず地下アイドルというイメージで売り出してきたし、地下アイドルを全面に出して売り出した仮面女子が売れたのを見ると、そこは大切なんだろうな

今回の「わーすた」は、ももクロを意識してかメンバーを大幅に減らして5人編成にしてきてる。人数を減らした方が使ってもらいというのもあるのだろうけど、人数を減らし、この派手な衣装にしたことで、今までのavexアイドルにはない親近感が生まれた気がする。

もちろん、人数は少ないけど、avexの各支部からトップクラスのメンバーを集めたのか、歌やダンスは凄い上手い。そこらのアイドルとは違う雰囲気が漂ってる。

結成して一年目だけど、メンバー間の仲も今までのavexアイドルのなかで、一番良さそうに見えるし、パフォーマンスや笑顔がすごく良くて元気を貰えそうなアイドルグールプになってる。

 


わーすた / うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ MUSIC VIDEO Short Ver.

ピンクの三品、ブルーの小玉、グリーンの広川はアイドルの定番って感じで、特にピンクの三品は直球のアイドルのセンターっていう雰囲気がある。個人的に一番目を引くのがパープルの松田かな、たれ目が特徴的でキャラも優しそうな雰囲気が漂っていて、このグループのアクセントになってる気がする。地味だけど美人顔なのがイエローの坂本、目鼻立ちがクッキリしていて端にいるけど凄い美人!

まだ、デビューしたばかりだけど、LIVEでのダンスも全員余裕があって、まだまだ出来そうな雰囲気がる。これはグループは楽しみ

 


わーすた / ちいさな ちいさな LIVE Ver.(The World Standard / Tiny Tiny)

この曲、わーすたのオリジナルだけど凄い好きだな、結成してすぐの時だから、ちょっと不慣れな雰囲気もあるけど、パフォーマンスや笑顔がすごくいい

久々のモスバーガーは高かった

f:id:thuda:20160303164753j:plain

お昼に、500円のピザ屋と悩み、久々にモスバーガーに入ってみた。


モスバーガーとオニポテセットでアイスコーヒー…」

「お会計 810円です!」


えええ!高すぎじゃないか
以前は600円台だったような気がするんだけどな…
100歩譲って700円台前半に抑えて欲しかった。
とびきりバーガーとかなら800円代もわかるけど、モスバーガーとオニポテセットって、凄くベターな組み合わせだし高すぎる
マクドナルドが高い高い言われてるけど、500円あれば十分だし、マクドナルド頑張ってるんだね

どうやらオニポテセット(ドリンクM)が増税前は、350円だったらしいが、これが増税によって370円になり、材料費高騰により、昨年から440円になったらしい。
モスバーガーも、増税で10円の値上げ、材料費高騰で30円の値上げなので、合わせて40円の値上げ。
他のハンバーガー類も大体同じような値上げ幅のようです。
セットにすると130円の値上げか、もともと600円台だった記憶は正しかったみたいだね。
あと増税前の2013年にも10円の値上げをしてたりと、ここ数年は毎年のように値上げしてるみたい。円安による値上げっていうけど、円高による値下げはあったかな?

ファーストではないけど、ファーストフードのカテゴリーに900円は高い
色々と大変そうなモスのバイトの時給は都内でも最低賃金スレスレの900円前半だし、バイトへの還元もしてなさそうなイメージ
2015年上半期の営業利益は好調だったみたいだけど、当分は行くことはないなって思いました。

 

MacBook Proのキーボード選び

外部ディスプレイ用のキーボードをつける

MacBook ProMacBook Airを持ってる人で、家ではサブモニターとして外部ディスプレイに出力して使用している人は多いと思います。

自分の場合、外付けディスプレイを利用した時に、ディスプレイの手前にMacbookを置くと、Macの液晶が邪魔で奥のディスプレイが見れない。端に置くとキーボードを使用する時に姿勢が悪く疲れる。

そこで外付けのキーボードが欲しいと思ったのですが。

外出の時にUSB有線を外したり、USBを二箇所使う時にUSBレシーバーを外して無くしたりとか嫌なので、入力端子でUSBポートを使用したくありません。

 

 

そうなるとBluetoothOS X対応のキーボードなのですが、以前からテンキーが欲しかった。

そこでBluetooth、公式にOS X対応、テンキーで調べると

 

ELECOM Bluetoothキーボード コンパクトタイプ Win・MaciOSAndroid対応 パンタグラフ式 電池残量表示ランプ搭載 ブラック TK-FBP081BK
ELECOM Bluetoothキーボード コンパクトタイプ Win・MaciOSAndroid対応 パンタグラフ式 電池残量表示ランプ搭載 ブラック TK-FBP081BK
出版社/メーカー: エレコム
発売日: 2015/01/24
メディア: Personal Computers
この商品を含むブログを見る

マイクロソフト ワイヤレス キーボード+マウス セット Designer Bluetooth Desktop 7N9-00023
マイクロソフト ワイヤレス キーボード+マウス セット Designer Bluetooth Desktop 7N9-00023
出版社/メーカー: マイクロソフト
発売日: 2015/09/24
メディア: Personal Computers
この商品を含むブログを見る

の二択に、なってしまった。

公式にOS Xに対応していなくても大半は使用できると思うが、ここは無難にOS X対応で、価格とマウスなしの2点からエレコムのTK-FBP081BKを購入しました。

 

エレコムTK-FBP081BKを1週間使ってみて

使用感は、ファンクションキーがOS X対応を謳っているにもかかわらず、ファンクションキーが使用できませんでした。OS X用のドライバーなどもないので、どうすることもできず、ファンクションキーなしのキーボードとして使用しています。

もう一つの欠点、Amazonのレビューなどでも書かれていますが、数分使用していないと自動でスリープします。そして、スリープからの立ち上がりが若干もたつく、例えばMacの立ち上がりのパスワードを打つときなんかは、凄くテンポがずれる感じがします。

ただ、個人的には、日常使いでイラッとするほどではありませんでした。

一日中ヘビーに使うひとは、少し避けたほうがいいかもしれません。

 

外付けキーボードを設置した感想としては、椅子に近い位置にキーボードが置けるので、とても打ちやすいです。また、外部ディスプレイをメインで使用すると、ノート独特の前かがみの格好をすることも少なくなり、姿勢が楽になりました。

デスクトップと違い、HDMI電源ケーブルを抜くだけで家から持ち出せるのもノートのメリットだと思うので、余計なコードを付けたくない方は、Bluetoothがいいですね。

 

ちなみに、Macbook(12inch)の場合は、Bluetooth対応を買わずに、アップルのUSB-C Digital AV Multiportアダプタに外部ディスプレイ用のHDMIとUSBレシーバーを挿すのもアリだと思います。

この場合は、USB3.1を抜くだけで、家から持ち出せるのでとてもスマートですね。

 

 

 

ザ・ミドル 中流家族のフツーの幸せ 感想

f:id:thuda:20160208161914j:plain

ザ・ミドル 中流家族のフツーの幸せの感想を書きたいと思います。

(Dlifeで放送)

今までのアメドラにない日常コメディ

この作品は、大好きな作品の一つです。

このドラマが他のドラマと違う点、それはお金です 笑

以前のアメリカドラマといえば、お金に関しては無限にある印象なんですよね。

高級車に乗り、高級レストランに行き、家は綺麗で生活感がなく、大学はアイビリーグしか出てこなかったりと理想の世界で物語が進むのが殆どです。

「お金がない」なんて禁句…って言った雰囲気。

でも、そんなアメリカにも毎日ギリギリで生活する家族は沢山います。

それを描いたのが、ザ・ミドルです。

それに、主人公の三人兄弟は、美男・美女・優秀、友達沢山とは程遠い世界。

アメドラの主人公の女の子といえばチアに所属して、友達沢山、パティー三昧。

でも、ミドルの長女は、それとは真逆の世界、友達は少なく、学校ではイジメられ、ファッションにも疎い。

末っ子は、同じ言葉を二回つぶやき、自分だけの世界を持つ。

兄はスポーツができ、唯一社交的であるけど、勉強は全くダメ。

母親はパートで家族を支え、父親は掘削所の現場監督。

家は散らかっており、壊れそうな車、旅行に行くお金もない。

でも、日常には幸せがある。ちょっとした子供達の成長を喜ぶ母親。自分の世界を持って変わっている末っ子だけど、いい面も沢山ある。

お金がないけど、我が家には幸せがある。

そんなアメリカの日常をコメディを交えて描いた作品です。

国は違えど、思うことはどの国の母親も同じというのがわかるドラマです。