読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Late 2013のMacBook Proを買い換える理由が見当たらない

昨年、新しいMacBook Proが発表された。

これで、3年間使ってきたMacBookProが完全な型落ちになった。

しかし、買い換える理由が見当たらない。

 

今回、Appleから提示されたものは、type-CからUSB3.0への変換ケーブルを持ち歩く代わりに、200g軽くなるよっていう条件だ。

これに、そこまでのメリットを感じなかった。

あと気になったのが、片面に二箇所しかThunderboltがない点。両面のThunderboltを使うとダサいので片面だけの使用と考えると、分岐していかないとHDMI、USB、電源をつけることができない。

これは想像以上にダサい。左側にLate2013には、電源、Thunderbolt×2、USB3.0が付いている。分岐無しで、モニター二画面、外付けHDD、電源が付いてしまう。

家で使用する場合は、分岐部分をデスクの下に持って来ればいいが、出先で使うとなるうと、隠すことは難しい。

今の段階では、Late 2013の方がスマートに使いこなせる気がする。